マスクパスに沿ったテキスト配置

 

マスクパスに沿ったテキスト配置

 パスに沿ってテキストを配置する方法

 1 : ペンツールなどでテキストにマスクを作成
 2 : テキストのパスオプションを開き、パスのプルダウンから対象のマスクを選択


 

描画 / 4色グラデーション

 

描画 / 4色グラデーション

 4色のグラデーションをつくるエフェクト

 それぞれの位置も調整できるため、キーフレームを打てば動くグラデーションも作れる
 ブレンド : グラデーションの幅の調整
 変位 : バンディング(グラデの境目の帯)軽減のための調整(ノイズ追加)

 

 

 

 

描画 / チェッカーボード

 

描画 / チェッカーボード

 チェッカーボード柄をつくるエフェクト(市松模様みたいなの)

 みたまんまの操作で調整可能
 2色のチェッカーボードにしたい場合は、下に色を敷く
 (チェッカーボードで設定できる色は1色だけ)

 

 

  

ブラー&シャープ / CC Cross Blur

 

ブラー&シャープ / CC Cross Blur

 縦と横だけにブラーを掛けるエフェクト

 縦だけ、横だけに掛けたりもできるから、パンでトランジションするときなど
 かっこよくブラーを入れることができる。

 平面レイヤーを作って、それを切り替わる2つのレイヤーの上に乗せ、
 CC Cross Blurを掛けながら、不透明度を「 0→100→0 」にすると良い感じ

 

 

 

遠近 / CC Sphere

 

遠近 / CC Sphere

 レイヤーを球状にするエフェクト

 Rotation : 3軸で回転を調整
  - Render(レンダリングする球体の面を選択)
   Full : 球体のすべての面
   Outside : 球体の内側の面だけ
   Inside : 球体の外側の面だけ

 Light : 光の当たる角度や強さを調整

 Shading : 球体の性質を調整
  - Ambient : フラットに照らす環境光(アンビエントライト)の調整
  - Diffuse : 球体の表面がライトを拡散して受ける範囲
  - Specular : 中心のハイライトの強さ
  - Roughness : 反射したライトの調整、光沢感など演出できる
  - Metal : 大きい→金属のよう、小さい→鏡のよう のような調整
  - Reflective : Reflection Mapの強さ
  - Reflection Map : 球体に映り込むイメージの選択
  - Intermal Shadow : 球体の内側の影の有無
  - Transparency Falloff : 透過の有無?

 

 

 

 

  

 

 

 

 

ディストーション / ディスプレイスメントマップ

 

ディストーション / ディスプレイスメントマップ

 指定したレイヤーのカラー値でピクセルを水平・垂直方向に歪ませるエフェクト

 マップレイヤーで参照するレイヤーを選択、
 水平・垂直のカラー値をそれぞれ選択し、移動量を設定

 グリッチや反射・屈折の表現などに◎

 グリッチの表現方法
 1:ばらばらにずらしたシェイプのコンポを制作(何フレかごとに切り替わるように)
 2:グリッチを掛けたいレイヤーにディスプレイスメントマップを追加
 3:マップレイヤ―で1で作ったコンポを選択
 4:カラー値や移動量の数値を調整

 ※1のコンポを複製し乗算モードなどで重ねるとグリッチの部分だけに色を適用可能

 

 

 

ディストーション / オフセット

 

ディストーション / オフセット

 イメージをパンしつつ、ずっと元のイメージが繰り返されるエフェクト

 パン:カメラを左から右、あるいは右から左に振る撮影技
    ちなみに上下はティルト

 高速移動の表現などに◎

 ベルトコンベアみたいにずっと上下左右に同じものが流れる場合は、
 オフセットを使ってもできそう。位置でも普通にできそう。